墓石とは

ぼせき、はかいしと読みます。墓の中心に建てる石材の製品です。形状は様々ですが日本では四角柱のようなデザインに一族の名前が入るのが一般的です。墓碑(ぼひ)ともいいます。いずれにせよ墓石などを指して墓と言うことが多いようです。五輪塔、宝篋印塔、宝塔、多宝塔、層塔、板碑も含まれます。 現在、建立される墓石の形状は大きく和型・洋型・デザイン墓石に分けられます。

・和型 江戸時代中頃から普及した、仏舎利塔を起源とする墓石です。 和型墓石は現在の日本で一般的に使われている形式ですが、その形には地域により様々なバリエーションがあります。 和型墓石は、一番上に家名などを彫る竿石、次いで上台石、中台石、そして一番下に芝石(下台石)といわれる敷石を置いた四段構造(和型四段構造)、あるいは敷石を置かない三段構造(和型三段構造)が基本です。高級なものは竿石の下に蓮華台が付くこともあります。 墓石は上の竿石からそれぞれ、天(家庭円満)、人(人望・出世)、地(財産維持)を表していると言われます。墓石は竿石の横幅のサイズにより、八寸角(24cm)、九寸角(27cm)、尺角(30cm)と呼ばれ、竿石の大きさから墓石全体の高さや重さなどを判断することができます。

・洋型 洋型墓石はモダンで見た目の格調も高い洋風の墓石のことを言います。 キリスト教徒だけでなく、現在では仏教徒も選択することが多くなっている墓石で、ガーデニング霊園や西洋風墓地、芝生に直接洋型の墓石を置く芝生墓地などの出現により、急速に普及しつつある形式の墓石です。 洋型墓石は省スペースで建墓できるということが特長のひとつ。費用に関しても、外柵工事や土盛りを必要としない場合が多く、和型に比べ低価格で建てることができます。 洋型の墓石の形式は、主に「オルガン型」と「ストレート型」「プレート型」に分けられます。オルガン型とストレート型はそれぞれ竿石と台石によって構成され、台石が一つのものは一段型、二つのものは二段型と呼ばれます。オルガン型は竿石が斜めに加工され、ストレート型は垂直に加工されます。プレート型は海外の墓地でよく見られるような芝生墓地にプレートを敷くタイプの墓石です。 洋型墓石は自由な形式で建てられ、墓石には家名ではなく自分の好きな文字を彫ったりレリーフを施したりすることがあります。墓石の色も様々です。

デザイン墓 最近は、自由な発想で個性を全面に出したモニュメントのような墓石も目に付くようになりました。ニューデザインの墓石が登場した背景には、人生の総仕上げとしてのお墓を自分らしくしたいという強い思いがあるようです。「死後を含む自己決定権」という考えが、お墓の世界にも入ってきているといえます。 最近では、CADや3Dシュミレーターを使って顧客にデザインを提案するところも増えてきました。完成品に近い状態で設計されたお墓を見ることができるので、オリジナルデザインのお墓を作る場合はとても便利です。

都内主要沿線ごとに霊園をお探しすることが可能です。 お墓の引越し・移転・改葬を承っております。 霊園やお墓のことなら美郷石材にお任せください。 一生に一度限りの「心のお買い物」であるお墓選び。美郷石材がサポート致します。 お墓を自宅の近くに引っ越したいという方向けの情報ございます。 バリアフリー霊園から富士山を眺望できる霊園まで、幅広いニーズにお応えできる公園墓地をご紹介致します。 墓石のデザインのご相談承ります

WordPress Themes