墓石の文字

お墓には必ず文字が刻まれます。お墓に刻まれる文字は古くは経文や梵字だけでしたが、戦国時代になると武士階級が墓石に戒名や法名を刻むようになり、江戸末期になるとそれが庶民にも一般化して、墓石に俗名や本名が刻まれるようになりました。

墓石に彫り込む文字は墓碑の顔であり、命といえます。この彫刻により墓石の印象が決まります。 従来からある単独墓の場合は戒名・俗名・没年月日・行年が刻まれることが多かったのですが、現在は合祀墓の普及から、塔の正面には家名が刻まれるようになりました。 現在、お墓に刻む文字については、家族合祀墓に見られる「○○家之墓」や「○○家先祖代々之墓」といったものが一般的ですが、最近は「家」という概念が希薄になったせいか、「先祖代々」といった文字を省くケースも増えてきています。

墓石に刻まれる文字は、宗旨・宗派によっても異なります。仏教の場合は「南無阿弥陀仏」や「妙法蓮華経」、神道の場合は「○○家奥津(都)城」、キリスト教の場合は十字架を刻むことがあります。また、最近では宗教や伝統に捉われない、故人の個性や思いを表した文字や詩、俳句などを刻む墓石も増えてきています。ただ、お墓に刻むには不向きな文字があったり、寺院や霊園によっては刻む文字について規制を設けていたりする場合もあるので注意が必要です。また、文字の書体については楷書体、行書体、草書体、隷書体、ゴシック体などがありますが、一般的に楷書体が用いられます。 ただし、浄土真宗や日蓮宗の檀家では「南無阿弥陀佛」・「南無妙法蓮華経」が塔の中心に刻まれ、家名等や建立年月日等は塔の側面にきます。 いずれにしても、故人あるいはその家族が帰依している仏教、神道、宗派により梵字やお題目などが異なりますので、よく確認される必要があります。 寺院墓地の場合はお寺のご住職に相談されても良いでしょう。

近年、都市部を中心に公園墓地の普及により洋型墓石が一般的となり、自分らしい個性を演出したニューデザイン墓石もふえてきました。それにともなってお墓に刻む言葉も従来からの宗教観にとらわれず、自由な発想で彫刻されるようになりました。刻まれる文面も故人の好きだった言葉や家族のメッセージ、俳句や短歌、詩にいたるまでさまざまです。自分たちらしい言葉を選び、独自の書体とレイアウトを工夫されてみてはいかがでしょうか。

また、家紋は日本の伝統と風土の中で生まれた紋章であり、家族・同族のシンボルマークといえます。紋どころをつけた衣服や調度品・道具などを「紋付」といいます。 日常生活の中では馴染みのうすいものとなりつつありますが、冠婚葬祭の中では今なお大きな役割を占めています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *